いろ

Momiji_4 この ひかり のなかに

 すべての いろ がやどっている

 ぼくらは すきないろをえらんで

 じぶんじしんを いろどることができる

 それは

 いま ここにあることの あかし

 この ひかり のなかで

 じぶんを いろどることが

 ぼくが ここにあることの あかし

 きみにみつけてほしくて

3 thoughts on “いろ

  1. Maki

    なんとやさしいきれいな秋のひとコマをとらえた
    ことでしょう。
    しばし見とれていました。
    でも、季節は止まるなく移っていきますね。

    返信
  2. JIMY-M

    そうですね Makiさん
    最近の冷え込みは まさに 冬
    ご自愛ください。

    返信
  3. オジヤ

    相手にふさわしい自分になるということの大切さが
    最近身にしみて分かるようになって来ました。
    仕事についても、友情についても、恋についても
    相手に見せたい自分というのがなくてはどうにもならない気がします。
    ひらがなだけでシンプルな外観なのに
    感じたことがどんどん広がっていく
    素敵な詩でした。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください