朝の風景

ホームのいつもの位置に立って
汗がおさまるのを待つ
無風の街はモヤの中で
ぼんやりと朝日を浴びて
輪郭だけがかろうじて見える
電車に乗ってしまえば
心地よい居眠りができる
何もかも忘れて

iPodから送信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください